光の道 レイライン
武蔵一宮氷川神社~中山神社~氷川女體神社

Pocket

埼玉県の一ノ宮といえば「大宮氷川神社」ですが、かつては三社あったといわれ「中氷川神社(現・中山神社)」「氷川女体神社」を加えた三社が一ノ宮氷川神社と伝えられていいるようです。
そして、この三社は、龍神伝説で結ばれ、一直線に並んでいる「光の道・レイライン」になっています。

初めて「レイライン・光の道」を発見したのは、イギリスのアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス。一直線上に「レイ」という名の付く地名が多く「レイライン」と言われるようになったそうです。
この「レイ」とは「光」のことで、光が一直線に進むことに例えられ“聖地を貫く~パワースポット”としてレイラインを探すことがイギリスでは流行したようですね。

武蔵一宮 氷川神社

 

中山神社(旧:中氷川神社)

 

氷川女體神社

 

 

Posted from Saitama, Saitama Prefecture, Japan.

カテゴリー: 一之宮(新一之宮含む), 埼玉県, 巡礼(コース), 神社, 都道府県別 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA