噂の御朱印?!(塔のへつり・虚空蔵尊)

Pocket

以前より噂?でちらほら….下郷町の「塔のへつり」で御朱印がもらえる??
私も何度も行ってはいるものの御朱印?お寺?
会津人としてはお恥ずかしく全く見当がつきませんでした。いろいろと調査したところ間違いなく。
塔のへつりのつり橋を渡ってスグ左に下る階段を進み道なりに進むと左上に「虚空蔵尊」へ向かう石段が。着いてみると「塔のへつり」のえぐれた岩場にちゃんとありました「虚空蔵尊」
しかも中にはお寺の方かは知りませんが穏やかそうな初老の男性。並びにはお守りやお札、書置きの「御朱印」があるではないですか!意を決して「御朱印帳にお願いできますか?」とたずねると、あっさり快くお引き受けいただきました(笑)
おそらく今の時期は虚空蔵尊にも入れるし、御朱印もいただけるでしょうが冬は無理かと…..。
どっちにしろ行くなら春から秋の紅葉シーズンまでですかね。ということでわかる範囲での「虚空蔵尊」由来を下記に記しておきますね!

大同2年(807)に坂上田村麻呂が創建したと伝えられる虚空蔵菩薩が祀られ、内部には宝暦3年(1753)に再建されたとされる本堂が建立。

Posted from 日本, 塔のへつり駅.

カテゴリー: 下郷町, 会津, 寺院, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA