一之宮~日光二荒山神社(日光三社・神苑五社)~神橋~中宮祠(二荒山稲荷神社・七福神)

Pocket

東照宮で有名な日光山。日光二荒山神社・日光東照宮・輪王寺の二社一寺からなる壮大な霊場です。その中でも日光二荒山神社は日光三社(瀧尾神社・本宮神社・二荒山神社)瀧尾古道二社(高徳水瀧尾神社・北野神社)二荒山神社御本社二荒山神社 神宛五社(日枝神社・朋友神社・若子神社・二荒山大神・日光大国殿)神橋 、二荒山神社 中宮祠中宮祠 末社(稲荷神社・七福神)が有名です。

www.futarasan.jp/index.shtml

◆瀧尾神社(たきのお):日光三社
滝尾神社は820年に弘法大師空海が作ったといわれています。ご神体は大己貴命(おおなむちのみこと)の妃で、田心姫命(たごりひめのみこと)です。

◆本宮神社(ほんぐう):日光三社
本宮神社は日光二荒山神社の別宮で、神橋近く日光橋正面の山中に鎮座し、御祭神は大国主命の御子神・味耜高彦根命を祀ります。本社(新宮)・滝尾神社と共に古く日光三社大権現とたたえられた御社です。

◆日光二荒山神社(御本社・日光三社)
二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)は、1200年以前から男体山(2486メートル)を御神体山として祀られた神社で、ご祭神は二荒山大神と称し、親子三神で、主祭神の大己貴命・妃神の田心姫命・御子神の味耜高彦根命が祀られる。当社は日光市内三ヶ所、男体山山頂に奥宮、中禅寺湖畔に中宮祠、市内には本社が鎮座します。境内は、華厳の滝・いろは坂・日光連山が含まれ日光国立公園の中枢をなし、伊勢の神宮に次ぐ広大な神域を有します。

❖神宛五社

●日枝神社
日枝神社 は848年に慈覚大師(794~864)によってつくられました。慈覚大師というのは「円仁」の事です。「円仁」とは天台宗の開祖である最澄の弟子のひとりです。ご祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)で、山の神様で健康をつかさどっているそうです。

●若子神社(じゃっこ)

 

●朋友神社(みとも)
朋友神社 (みともじんじゃ)には学問と知恵の神様が祀れています。 朋友神社 (みともじんじゃ)のご祭神は少彦名命(すくびこなのみこと)で本社のご祭神、大己貴命(おおなむちのみこと)のお供で警護にあたったり、相談に乗ったりした神様です。

●二荒山大神

●日光大国殿
日光二荒山神社のご祭神は 大己貴命(おおなちむのみこと)ですが、別名は「大国主命(おおくにぬしのみこと)とです。そして、インドの神様「マハーカーラ」と一緒になって 「大国天(だいこくてん)」になったそうです。

◆瀧尾高徳水神社(瀧尾古道二社)
御祭神は罔象女大神【みずはのめのおおかみ】です。水神社は、奈良県吉野郡東吉野村「丹生川上神社」の御分霊です。

◆北野神社瀧尾古道二社)
北野神社は学問の神様である菅原道真公(天神様)を祀っています。石の鳥居がありますが、建物などなくひっそりと石だけが積み上げられています。

※以上、日光三社&神苑五社の御朱印は二荒山神社の授与所にて御朱印はいただけます。日光杉でできた御朱印帳もこちらで購入できます。ちなみに上記の御朱印は全て@¥500-です。

◆神橋
勝道上人が日光に来た時に大谷川の流れがあまりにも急で渡れずにいると神様が現われて2匹の蛇を投げて、その蛇が橋のようになって渡させてくれたという言い伝えがあります。

◆中宮祠
中宮祠(ちゅうぐうじ)というのは、男体山の山頂にある「奥の宮」と日光山内にある二荒山本社の中間にあるから「中宮祠(ちゅうぐうじ)」と呼ばれています。勝道上人が男体山の山頂まで登れない人の為に784年に立てました。

●二荒山稲荷神社(中宮祠内にあります)

●二荒山神社 七福神(境内のあちらこちらに….)

Posted from Nikko, Tochigi Prefecture, Japan.

カテゴリー: 一之宮(新一之宮含む), 七福神巡礼コース, 日光市, 栃木県, 神社 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA