600年の時を越えて…..最初で最後の御開扉?「梁川八幡神社」~「梁川天幡宮」

Pocket

伊達正宗公が初陣祈願をしたというこちらの「梁川八幡神社」(旧亀岡八幡宮)
「2015ふくしまデスティネーションキャンペーン」の一環で特別御開扉。(4/11~9/30まで)
www.yanareki.info/hachiman/

ご神体の撮影はできませんでしたが、しっかりと目に焼き付けてきました(笑)
ご神体は「誉田別尊(ほんだわけのみこと)、第十五代天皇、応神天皇」が馬に跨っている状態の小さな(20~30cm?)木製の御尊体。本殿内では、よく見えるように脇に液晶画面を置いてよく見えるように配慮されています。
拝観料として500円お支払いすると、係りの方が案内をして詳しい説明をしていただけます。
ちなみに、今回の特別拝観では御朱印もいただけます。この御朱印もなかなかレアなのですが、宮司さんに直接かいていただく御朱印が、これまたイキな素晴らしい御書体。八幡の「八」の字が二羽の鳩になっているんです。下に特別拝観の御朱印、宮司様の手書きの御朱印を並べてみますのでよくご覧ください(^O^)/

こちらは神社の境内の写真です。

少しわかりずらいのですが、こちらの神社「梁川八幡神社」に着く手前に「梁川天満宮(天神社あります。同じ宮司さんで管轄されているようです。こちらにもお参りして御朱印をいただいてまいりました。

Posted from Date, Fukushima Prefecture, Japan.

カテゴリー: 中通り, 伊達市, 特別御開帳, 神社, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA