まるで竜宮城!?「祥雲山 善龍寺」(会津若松市)

Pocket

会津藩主・保科正之の会津入部とともに建立され、保科家の元祖筑前守正則の霊を守る保科家の菩提所として発展してきた寺です。家老西郷頼母の妻千重子の”なよたけの風にまかする身ながらもたわまぬ節はありとこそきけ”戊辰戦争で花と散った会津婦道の精神を示すこの有名な辞世を昭和3年、「なよたけの碑」として善龍寺に建立されました。碑陰には戊辰戦争で散った233名の会津藩の婦人名が刻まれています。 毎年5月1日に奈与竹墓前祭がおこなわれます。奥にある墓地には西郷頼母夫妻の墓や西郷邸で自決した「二十一人の墓」があります。

驚きましたこのような山門は初めてです。まるで竜宮城の入り口のような真白な山門!
※御朱印は境内の自宅兼寺務所にてご住職にいただけます。

カテゴリー: 会津, 会津若松市, 寺院, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA