「磐梯神社」が会津には2社3社?の謎!!

Pocket

会津には私の知るところ「磐梯神社」なる名称の神社が2社。更には似た名前で「磐椅神社(いわはしじんじゃ)」なるものも有ります。
その謎?がやっと解けました。この度伺った会津若松市門田町に鎮座する「磐梯神社」に参拝させていただきました。ご朱印をお願いした際にとってもお若いイケメンの宮司さん、おそらく息子さんなのかな?に「磐梯町にも同じ名前の磐梯神社ってありますが何か関係あるんですか?」と率直に質問してみました。そこで答えはこうでした。

◆まず猪苗代町にある「磐椅神社(いわはしじんじゃ)」は磐梯山の山自体をご神体とする神社で御本社は磐梯山頂にある石の祠であること。応神天皇の御代(弥生時代)。武内大臣の巡視の時に勅命を奉じ、国土開発の神とされる大山祇神と埴山姫命を磐椅山(現在の磐梯山)の頂上に鎭座された。ちなみに近くにある大きな神社「土津神社(はにつじんじゃ)」は「磐椅神社」の末社にあたります。

◆次に磐梯町にある「磐梯神社」…こちら元々は明治以前神仏一体の時代に古刹「慧日寺」の守り神として鎮座。要するにお寺の守り神として慧日寺と一緒にあったのが明治の神仏分離制により現在バラバラに管理されているそうでもともとは慧日寺の中の一つなんですね。

◆そしてそして今回伺った会津若松市門田町「磐梯神社」こちらは大道元年(806)の磐梯山噴火の際に会津の地を鎮めるため、翌大同 2 年(807)空海上人が勅命を奉じて八方位に祀った社の一つで、当社は鬼門裏鬼門(艮坤)を鎮護するものなんですね。

ということでイケメンの宮司さんに丁寧に教えていただきとってもスッキリすることができました。ここ数年頭のどこかに謎がモヤモヤ….(笑)今日からグッスリ寝れそうです。
こちらの神社のFBページも発見!磐梯神社フェイスブックページ

カテゴリー: 会津, 会津若松市, 神社, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA