「会津薬師寺」三種の御朱印!

Pocket

当寺は天台宗医徳山薬師寺と号し、今より千二百余年に遡る。宝亀十年(779年)千寿院として草創された。のち嘉祥元年(848年)慈覚大師円仁が開基したと伝えられる会津屈指の古刹である。その後、平泉藤原氏が滅亡の際、藤田式部忠重の氏族、佐藤清純が平泉高館に祀ってあった薬師像を持ち帰り、建久元年(1190年)円鑁沙門が寺構を再建して薬師堂を造営し、これより薬師寺と称するようになった。
近年に護摩堂を興して、希有の車不動尊を勧請した。
御本尊:薬師如来。車不動尊・薬師三尊仏、経塚、地蔵尊、毘沙門天、他。

会津美里町にある古刹「会津薬師寺」三はこれで二回目の参拝です。前回は「会津七福神巡り」にて「大黒天」の参拝に訪れています。
今回はご本尊である「薬師如来&不動尊」を含め全て参拝させていただき、御朱印も全て三種類いただいてきました。ご朱印をいただくにあたり、ご住職から「当寺の御朱印はお守りとしてお渡しするので日付は記載しません」とのこと。大切にしたいと思います。

前回の来寺の時もそうでしたが、こちらはいつでも「Welcom!感」が素晴らしく、開放的なお寺さんです。目線を我々一般市民に向けていてくださり、それでいてしっかりと寺務に勤しんでおられる姿が印象的でした。

カテゴリー: 会津, 寺院, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA