会津ころり三観音(二回目)

Pocket

会津ころり三観音(あいづころりさんかんのん)は、福島県会津地方の大沼郡会津美里町根岸の弘安寺(中田観音)、河沼郡会津坂下町塔寺の恵隆寺(立木観音)、耶麻郡西会津町野沢の如法寺(鳥追観音)の三観音をあわせて、会津ころり三観音という。

人間は生を受けてのちは三毒、貪(とん=むさぼること)、瞋(しん=いかること)、痴(ち=おろかなこと)によりもろもろの苦悩を受けることになるが、この三観音に巡拝し、罪障消滅を祈願することにより、その苦しみが除かれ、現世においては子孫繁栄、万願成就、寿命安楽などがかなえられ、やがて大往生を遂げられるという。苦しまずに成仏でき、家族に余計な負担をかけずにすむということで「ころり」三観音と呼ばれるようになった。つまり、「ころり」とは心臓疾患や脳疾患などの突然死を意味するものではない。

※下記の御朱印帳は「会津ころり三観音」の各寺で無料でいただける専用御朱印帳(もちろん御朱印代は別途必要です。)

◆会津美里町根岸の弘安寺(中田観音)

◆会津坂下町塔寺の恵隆寺(立木観音)

◆西会津町野沢の如法寺(鳥追観音)

カテゴリー: 会津, 会津ころり三観音, 会津坂下町, 会津美里町, 寺院, 巡礼(コース), 柳津町, 福島県 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA